ソープランド情報

ソープランドの「入浴料」と「総額」は違うものですか?

はい。ソープランドの「入浴料」と「総額」は、違うものです。簡単に説明すると、「入浴料」は“ソープランドのお風呂に入るための料金”で、「総額」は、“入浴料や嬢へのサービス料金を含め、会計で支払う料金の総額”です。

ですから、「入浴料」=「総額」だと勘違いしてソープランドへ行くと、「入浴料」を参考に準備した予算と、実際に支払う「総額」の金額差に驚くことも。

入浴料+サービス料=総額

ソープランドには、料金が「総額」で案内されている所と、「入浴料」で案内されている所があります。「総額」で料金の案内がされている店舗では、提示された「総額」がそのまま会計で支払う金額になります。

しかし、料金が「入浴料」で案内されている店舗の場合は、提示された「入浴料」にプラスして、「ソープ嬢へのサービス料金」と、嬢を指名するための「指名料金」がかかると思って下さい。

それでは、「入浴料」と「総額」の違いについて、詳しくご説明します。

入浴料について

「入浴料」は、ソープランドの浴室に「入浴」するための料金です。入店時にフロント(受付)で、ボーイと呼ばれる男性スタッフに支払うのが一般的です。
「入浴料」は、利用するソープランドのランクによって異なります。
下記に、ランク別の「入浴料」と「総額」の一例をご紹介しますので、参考になさって下さい。

下記に、ランク別の「入浴料」と「総額」の一例をご紹介しますので、参考になさって下さい。

【 大衆店 】・・・「入浴料」6,000円 → 「総額」15,000円
【 中級店 】・・・「入浴料」15,000円 → 「総額」35,000円
【 高級店 】・・・「入浴料」30,000円 → 「総額」60,000円

基本的に、「入浴料」の2~3倍の料金が「総額」の相場です。

店舗によっては、「入浴料無料」のキャンペーンを行っている所もあります。この場合は、サービス料金と指名料金だけで遊ぶことができます。
「入浴料」のみが表示されている店舗の場合は、サービス・指名料金を含めた「総額」がいくらになるか、電話や受付で問い合わせることをオススメします。

総額について

ソープランドの「総額」は、「入浴料」+「嬢のサービス料金」+「嬢の指名料金」の合計金額です。
入店時に総額を支払う店舗もあれば、「入浴料」だけを入店時に支払い、サービス料金は個室浴場で嬢に払う店舗もあります。
支払いは、各店舗の料金システムを聞いて、それに合わせて下さい。

また、ソープランドの「総額」は、店舗のランクによって違います。

【 大衆店 】・・・「総額」10,000~30,000円
【 中級店 】・・・「総額」30,000~50,000円
【 高級店 】・・・「総額」5,0000円以上

このように、1度のソープ遊びで使う「総額」の金額によって、ソープランドはランク分けされています。
特にレベルの高い超高級店では、1回の「総額」が最高で数十万円になることもあります。

『雄琴で働く』を真剣に考える(男性編)

「ソープランド」というと遊びに行くイメージしかもたれませんが、そこには多くの男性従業員がはたらき、中には巨万の富を得た者も少なくありません。
風俗業は、やる気と努力が伴えば、大企業で働くよりもはるかに短期間で成功者となることも可能なのです。

経済の地盤沈下が危ぶまれる関西圏には「雄琴ソープ街」があり、就職難に喘ぐ若者ならチャレンジしてみたい!と考える者もおられるのではないでしょうか?

しかし、一言でソープランドと言っても、その経営形態にはさまざまあり、働く側と雇用側で意識が合致しないとうまくいかないのは当然です。

いくつかの経営形態とこちらの状況を踏まえ、『雄琴で働く』を真剣に考えてみましょう。

学歴が低い貴方にソープ業界は優しい

ソープランドで働くとき、「学歴」はあまり考慮されません。
学校で学んだスキルはそれほどソープ店の運用には役に立たないからです。

ただ実力次第で先輩をゴボウ抜きにして出世階段を駆け上がることも可能であり、それは「飲食店経営」に近い色合いをもっていると言えます。
初任給は比較的高めで、新入社員として入れば「ボーイ」と言われる雑用、業務全般が主な仕事になります。

女性コンパニオンという一種独特な人種とも関わらなければならず、苦労も多い職場ですが、その見返りも十二分に期待できる業種なのです。

ソープ業界の「起業化」

ソープ業界は元々個人店として普及しましたが、現在では株式会社として運営する多角経営の店も多くあります。
一般的なソープランドとしてではなく募集する企業もあり、いわゆる「スーツ族」として入社して店舗管理にあたることもあります。

経験として実店舗での就業もありますが、これまでのソープ業とは違う方向性での就業になります。
ソープランドの店名としてではなく、企業名での在籍になりますので、世間体を気にすることなく入社でき安定性もあります。

その反面、小規模な職場のように実力のみでのし上がることは難しく、「突然大金持ちになる」ようなことは難しいでしょう。
雄琴ソープ街はグループ店の会社化、京都などからの多角経営母体の店舗も多く、店舗のホームページから運営会社のページにリンクしているところも多くあるのでひと通りのぞいてみるのもいいですね。

貴方も「一国一城の主」に?

企業化が進むソープ店ではなく、昔ながらの個人経営の店舗もあります。
こういった店舗に何気なくボーイとして入社し、そこで努力をして独立、晴れて「一国一城の主」となった現社長も少なくありません。

「グループ店」と言われるソープグループの中には独立してグループ化しているパターンも多いのです。
こういったケースの出世パターンのシミュレーションは以下のようなものです。

1.ボーイとしてバイト感覚で入店

2.仕事が面白くなってバリバリ頑張る

3.主任、マネージャーなど少しづつ役職をもらう

4.オーナーに気に入られて「店長」に

5.売上を伸ばしてさらにオーナーに目をかけられる

6.オーナーの懇意で新店舗を譲り受け晴れて「新オーナー」に!

といった具合で社長になった人が雄琴には数多くいます。
昔ながらの「親方との師弟関係」が色濃く残るソープ業界の典型的な成功パターンだといえます。

そのかわり下積み時代は「プライベート」などと言っておられず、心身ともに店に奉仕する気持ちでなくては務まらないでしょう。

まずは滋賀雄琴ソープの専門サイトでどのようなお店があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

さまざまな就労形態がある現在の日本で、ワーキングプア、ブラック企業、学歴や格差など多くの問題があるのも事実です。
もしこれといった目標もなかったり、あるいは募集企業に意欲がもてないのなら”ソープランドで働くこと”を考えるのも選択肢のひとつです。

みんなのソープ体験談

セクシーな色気で満足したいなら『アネモネ』がオススメ!

関東圏で10店舗以上ソープランドを展開する「京都グループ」はかなり有名。
それぞれコンセプトが打ち出されているのでお客側は自分の相性に合わせやすく、金額も手頃なので安心して遊べます。
知らない地方のソープランドは地域性を知らないと思わぬ落とし穴があったりしますが、そんな時はグループ店を狙うのがセオリーですね。
チェーン展開している店舗は風俗に限らずある一定のレベルを保持しています。

そんな京都グループの中で「最終兵器」と謳い、最高位に位置づけているのが川崎堀之内にある『クラブ アネモネ』でしょう。
最近流行りの若いキャストを揃えたチャラチャラ系ではなく、セクシー美形なお姉さんが、ソープならではのプレイをたっぷりと楽しませてくれる重厚なサービスが定評のソープ店です。

anemone_osusumeさんの評価

満足度:★★★★☆ 4.2 CP:★★★☆☆ 3.0 嬢の質:★★★★★ 4.8

広告によっては「姉モネ」と書かれている場合もあり、キャストの年齢は20代後半~30代前半が主力。
「大当たり!」と叫んでしまうような美形キャストに出会うこともあり、絶賛する口コミもネット上ではよく目にします。

しかし価格的には決して高級店ではなく、120分のロングコースであっても41000円ほど。
大衆店の高い方くらいでしょうか・・・広くてきれいな店舗設備などを考慮に入れるとコスパは高いと言えます。
全体的に良質店が多い堀之内ソープランドのクオリティからは外れることはありません。

ホームページは残念ながら顔写真にはボカシがかかっていますが、巨乳で大柄なお姉さま系に癒やされたい僕はY姫をチョイス、電話にてリザーブしました。

店に着くと立派な外観で驚きました。建物全部を店として使用していて、かなりゴージャスな雰囲気です。受付で顔写真を確認して入浴料だけ支払い、残りはキャストに直接支払うシステムです。

待合は綺麗で大きめのソファーが置かれていましたが、それほど広くはありませんでした。まだ午前中だったためか、先客は一人で初老の紳士でした。お茶を頂いて10分して案内。

Y姫は思ったより高長身でバストの盛り上がりはネット写真以上。新垣結衣さんをもっと大人にしたような美人でした。緊張する僕を優しくエスコートして個室に入り、ディープキスをして、服を脱ぐのを手伝ってくれたかと思ったら即フェラが始まり驚きました。

今まで体験したことのない喉元までくわえ込むディープなフェラにはそのまま出してしまいたくなるほど気持ちよくなりましたが、なんとか堪えてそのままベッドでゴムを付けてもらい合体。2~3分耐えましたが敢え無く放出。お掃除フェラの後お風呂に入り、しばしラブラブタイムを過ごしました。マットでは無く、洗体の時に立ちバックで2度目の合体、ベッドにもつれ込んで放出し、計3回でフィニッシュとなりました。

ソープは行き慣れているのですが、Y姫のいいところはプレイとプレイの間の時間に常に癒してくれるような甘い言葉使いと笑顔を絶やさないところです。
基本、指名はしない僕ですが、彼女なら・・と思えるほどの満足感でした。

anemone_osusumeさんが投稿した画像
  • オフィシャルサイト
  • トップページ
  • 在籍一覧

お知らせ