ソープランド情報

雄琴のソープランドは働きやすい

近年ではソープ嬢の労働環境というのも重視されるようになっていて、どれだけ働く女性に優れた労働環境を用意出来るかというのもお店の重要なポイントとなっています。ネットなどで情報が全国レベルで共有されるようになったことで、劣悪な労働環境では求人もままならないのです。

こうした労働環境は、細かくみれば店単位ですがある程度地域によって差が出ると言われています。例えば東京の吉原などは日本一のソープ街ではありますが、その労働環境は決して良いとは言えないと言われています。逆に、雄琴のソープ街は働きやすい環境が整っているということもあり、コンパニオン女性の間では好評となっているようです。

■ 周囲の目を気にせず働けるソープ街である ■

雄琴が働きやすいと言われる所以は、まず雄琴のソープ街が郊外型でほぼ100%がソープランドという部分です。ソープランド以外の店がほぼ無いので、その周辺にいるのは完全にソープランド関係者。一般人の目を気にする必要がないのです。働いている女性であっても、ソープランドのコンパニオンであるということを隠したい人は多いですから、そういった方にとっては安心して働ける環境です。

■ 余計な誘惑に気を散らされることがなく働ける ■

雄琴のソープ街は、郊外にあるうえ周辺には商業施設などもなく、唯一あるとしても温泉街ぐらいなもの。ちょっと車を出せば京都などに行くことは出来ますが、出稼ぎなどで雄琴に滞在している方はタクシーなどを使わないとまず行けませんから、旅行も兼ねて出稼ぎに来ている方でもなければまず行くことはないでしょう。つまり、働いて貰う分をそのまま貯金に回すことが出来るというわけで、目標金額まで貯めやすいのです。

■ コンパニオン同士の雰囲気は良い ■

これは店にもよるところが大きいでしょうが、基本的にコンパニオン同士の仲が良い店が多いと言われています。ソープランドの仕事は体力的にも精神的にも疲れるものですが、夜遊びをする場所が無いために夜はしっかりと休息を取ることが出来ます。そのせいか精神的にも余裕が出来て、無駄にギスギスすることは少ないというわけです。店を移る理由の上位にも「同僚との人間関係」というのは必ず入ってくるものですから、こうした部分で不安が無いというのは、働く女性にとってはとても有り難いものです。

どうせ働くのであれば、働きやすい職場を求めるというのは悪いことではありません。繁華街のソープランドの方が稼げるチャンスは多いかもしれませんが、働くのが辛ければ長続きはしないものです。働きやすい職場を求めるのであれば、雄琴のソープランドで探してみるのも良いかもしれません。

お知らせ